野良生活から救い出された子猫の姉妹は…『太陽と月』のように、正反対の模様と性格を持っていた

米ノースカロライナ州のレスキュー団体に…

『生後わずか1日にも満たない子猫の赤ちゃんたちを救って欲しい』との報せが入ります。

ふたりぼっちの姉妹は、たいへん弱っており…

そのまま放置してしまえば、当然ながら命に関わる状況でした。

太陽と月

レスキュー団体に所属する、里親のサラーさんによれば…

彼女たちは、たいへん困難な局面にありました。

母猫と離れてしまったせいで、というのもあるのですが…

身体がとても小さくて、病弱だったんです。

2匹を引き取ったサラーさんは、快適な環境の保育器を用意し、24時間体制でご飯を与え続けます。

また、少しずつ元気を取り戻していく三毛猫の姉妹の顔に『正反対の模様』が表れたことから…

それぞれを、太陽という意味の「ソレイユ」、月という意味の「ルナ」と名付けました。

当初、重度の感染症に犯されていたルナは、片目を開くことが出来なかったのですが…

そんな彼女を守るかのように、ソレイユはずっと傍に寄り添っていたのだとか。

彼女たちの仲の良さは、本当に特別でした。

ソレイユは、病気のルナを庇うような体勢で、いつも眠るんです。

優しいお姉ちゃんに支えられたおかげか…

やがて感染症は早々に完治して、閉じていた片目も無事に開きます。

その名が表すように、明るく人懐っこいソレイユと、引っ込み思案で我慢強い性格のルナ。

性格まで対照的ですが…彼女たちの間には、確かな絆が結ばれていました。

関連:一人ぼっちになった野良の子猫は…オッドアイの先輩猫と、『実の姉弟』のような絆を結んだ!!

姉妹の絆

生後3週間を迎えても、無論ソレイユとルナの仲の良さは変わらないまま。

ふたりぼっちで生き延びたからこそ、お互いに特別な存在なのでしょう。

やがて訪れる巣立ちのときには…どうか2匹いっしょに引き取ってくれる家族が見つかるよう、祈るばかりです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ