飼い主に捨てられた過去を持つオッドアイの白猫は…新たな住処で、『SNSの人気者』となった!!

左右の瞳の色が異なるオッドアイと、指の数が一本多い「多指症」が特徴のサンサ。

その美しく個性的な外見で、ネット上でも注目を集めている彼女ですが…

実は、「飼い主に捨てられた」という不幸な過去を背負っていました。

過去を乗り越えて

現在の飼い主であるカレンさんに引き取られたのは、まだ1歳半の頃。

捨てられた理由は定かではありませんが…

当時の彼女は、異常なほどに怖がりな性格だったそうです。

それから数か月もの長い期間をかけて、人間への信頼を取り戻して行ったサンサですが…

大人になっても、臆病な性格は変わりませんでした。

外で犬が吠えていたり、雷が落ちたりすると、びっくりして飛び上がっちゃいますね。

動物病院に連れていくときも、ずっとブルブル震えています。

それでも、子どもの頃と比べれば、ずいぶんと落ち着いたようで…

今では穏やかに日々を過ごしているといいます。

関連:後にミルクと名付けられた美しい白猫は…『朝食クラブの子猫たち』を守るべく、奮闘した!!

みんなの反応

●こんなに素晴らしい猫ちゃん、欲しくない人間はいないだろ!

●多指症の猫は「ヘミングウェイ・キャット」といって、幸運を運んでくるんだってさ

●親指をグッ!としてるみたいでカワイイ!

●ウチにも多指症の猫がいるんだけど、ヒッチハイカーって呼んでるよ

●すべての猫が健常に生まれてくるわけじゃないんだけど、そういう子こそ特別な存在なんだよね

特別な姿で生まれ、辛い過去を乗り越えた白猫は…

SNSを通じて、「世界中の人気者」へと大変身を遂げました。

彼女の第二の生が、素晴らしいものとなるように祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ