1日違いで保護されたタキシード模様の子猫と白猫。互いに野良猫だった2匹は、やがて無二の親友に

南カリフォルニアのとある場所で、1匹の野良の子猫が発見されました。

周辺はコヨーテも生息している危険な地域でしたが…

彼は母親とはぐれてしまったのか、独りぼっちで途方に暮れていたといいます。

親友との出会い

このままにはしておけぬと、ボランティアで里親活動を行っているアシュリーさんが保護して引き取ることに。

ダリと名付けられた子猫は、よほどお腹を空かせていたのか…

ご飯をあっというまに平らげて、アシュリーさんの手のひらの上で丸くなって懐き始めました。

人懐っこい性格のダリは、初対面の里親にもまったく物怖じせず…

ママが部屋に入ってくるたび、なでなでを要求していたのだとか。

一方、ダリの救助された日付とは1日違いで…

レミーという名前の別の子猫も、独りぼっちでさ迷っていたところを保護されていました。

すぐにアシュリーさんに心を許したダリとは対照的に…

自己主張が強く、初めのうちはなかなか里親の方にも懐こうとしなかったそうです。

しかし、ひとたびダリと引き合わせてみたら…

レミーは彼の周りを跳ね回って、「いっしょに遊ぼう!」と全身でコミュニケーションをとったのだとか。

一方のダリも、エネルギッシュな子猫に戸惑いつつ、新しい友達が出来たことを喜んでいる様子。

つらい時期を乗り越えてきた子猫同士だからこそ、通じるものがあったのか…

外見も性格も違うものの、2匹の相性はバッチリだったようですね。

関連:一人ぼっちだった野良の子猫は…優しい里親ママのもとで、「3匹の兄弟」と幸せを手に入れた!

ずっと一緒に

片時も離れがたいほど仲良しになったダリとレミー。

その後、親友同士の彼らは揃って同じ飼い主さんの元へと引き取られていきました。

住むところは変わっても…

2匹の友情は、ずっと変わらずに続いていくことでしょう(*´▽`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ