レスキュー隊が、大洪水から逃げ遅れてしまったラブラドールレトリバーを発見。なんとか救助した後は…

「過去50年は経験してこなかった」と言われるほどに酷い洪水の被害を受けている、メキシコ南部・タバスコ州。

海軍のメンバーで構成されたレスキュー隊は、そんな大惨事の処理中に…

逃げ遅れてしまった、1匹のラブラドールレトリバーを発見しました。

九死に一生

発見された当時、彼は溺れないように前足を窓台に引っかけて、どうにか生き延びている状態だったのだとか。

既に、身体の半分ほどが水に浸かっており…

発見がもう少しでも遅れていれば、命はなかったかもしれません。

その後、レスキュー隊員が落ち着かせてボートの上に引っ張り上げ、保護することに成功。

メディカルチェックと適切なケアが施されたものの…

命の危機を体験したラブラドールレトリバーは、すっかり怯えきっており、身体も痩せ細っていました。

飼い主が見つからなかったため、彼はそのまま海軍で引き取られることに。

名前はまだ決まっていないものの…

いずれは救助犬として活躍するよう育てていくつもりだそうです。

関連:ダムの鉄筋に繋がれ、放置されていたラブラドールミックス。そんな残酷な仕打ちに遭いながらも…彼は人を信じ続けた

未来に期待

救助の様子を撮影した動画は、海軍の公式SNSアカウントで公開されており…

レスキュー隊への称賛や、不憫な犬を励ます声が寄せられています。

心身の健康を取り戻しながら、どうか立派に成長を遂げていって欲しいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ