ノラ生活から救い出された三毛猫の子猫が、里親一家のお兄さんに『おねだりすること』は…!?

米ニューヨークのとある建設現場で、作業員の方々が、生後わずか数日ほどの三毛猫の子猫を発見しました。

周囲には、母親や家族と思しき猫の姿もなかったため…

彼らは、地元のボランティアのレスキュー団体へと子猫を託されます。

家族みんなで

保護された子猫は、まだ目も開いていないほどの幼さで、ひどく弱り切っていましたが…

決して生きることを諦めてはいませんでした。

やがてレスキュー団体にて里親のカウンセラーを行っていたマシャルさんが彼女を引き取り、リジーと命名。

温熱パッドで体温を保ち、2時間おきに子猫用のミルクを与え…

家族と交代しながら、つきっきりの看護を施して、どうにか命をつなぎ留めます。

私と、姉と、兄と、兄の恋人と…

みんなでいっしょになって、彼女にご飯を与えるためのシフトを組んでいました。

哺乳瓶でご飯を与えるというのは、とてもやりがいのある体験ですね。

特に深く愛情を注いでいたのが、マシャルさんのお兄さん。

リジーも彼のひげに顔を押し付けるのが好きなようで…

食事を終えるたびに肩の上に乗っかって、思いっきり甘えていたといいます。

関連:農場で暮らしていた野良の三毛猫が、いつのまにか『双子の子猫』を出産。仲良し兄弟の運命は…

家族の愛

生まれの親とははぐれてしまったものの…

保護された先で、家族の愛情に触れることが出来た子猫。

彼女がもう二度と孤独な思いをすることがないよう、心から祈るばかりです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ