建設現場で保護された、鼻の穴がひとつしかない野良猫。保護団体の女性は、2つ返事で彼女を引き受け…安住の地を与えた!

ある日、米マサチューセッツ州にある動物保護団体「Odd Cat Sanctuary」に、地元の動物保護シェルターから1本の連絡が入ります。

聞けば、とある建設現場で顔が変形した野良猫が見つかったものの…

保護シェルターには彼女を助ける設備が整っていないため、お世話をお願いできないかとのこと。

 
創設者のタラさんは、2つ返事でその子を引き取ることを了承します。

鼻の穴がひとつしかない猫

トーストと名づけられた彼女は3歳ほどですが、体重はわずか2Kgちょっとしかありません。

染色体異常により鼻孔がひとつしか成形されず、生まれつき斜視でした。

 
外見は少しユニークですが、好奇心が強く素敵な個性の持ち主です。

よしよしと撫でると、すぐにご機嫌になります。

構ってもらいたいときには、頭突きしてくるんですよ。

なにかに集中しているときには、頭を横にひょいひょいと揺らす癖があります。

関連:【子猫】 古い犬小屋で、野良猫が子どもを産んでいた! 子猫のうち1匹は恥ずかしがり屋で、里親以外に懐こうとしないため…?

安住の地を見つけて

新しい環境にもすぐに慣れ、快適で居心地の良い住処を満喫するトースト。

かつての屋外での厳しい野良猫暮らしは、もう過去のことです。

 
生涯に渡るケアを約束された彼女は…

たくさんのお友だちに囲まれ、これからも幸せな日々を送っていくことでしょう。

障害を抱えながらも懸命に生きる猫たちを支える人々に、心からの拍手を送ります。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ