親戚の前で、望まぬ「アウティング」をされた息子。そのとき母は…

高松 尚志(@Francis_max)さんは先日、ご自身が過去に経験した『忘れられない出来事』について投稿しました。

 
「それで、あんたにどんな迷惑がかかるん」

心から頷くほかない一言です。

最大の味方

高松さんは、さらにこう続けます。

 
偏見は、なぜ生まれるのか。それは自分や他者にとって、本当に必要不可欠なものなのか。

あらゆる物事において…我々一人一人が、お母さんの「問いかけ」と真摯に向き合っていく必要がありますね。

関連:ゲイの男性に『非常識なアドバイス』をした友人。すると別の友人が…

みんなの反応

●親の鑑

●子どものLGに気付いた時、お母様のように対応できる母でありたい。理解し、この先にあるであろう差別に対する心構えを一緒に話せるように。心配しつつ、見守るのは親として難しい事ですが、一緒に成長していけたらと思います。あなたのお母様は、素晴らしい方ですね

●その叔母さんとお母様の対比が、人間性の大切さを如実に示していますね。他人を差別しないと自分が不安になる弱い人と、自分と違う人を尊重しても揺るがない強い人。弱い人たちの方が叫びまくるのが世の常ですが、静かに強い人たちも一杯いますよ

●素敵なお母様。幸せですね。1人でも味方がいると生きていける。胸を張って生きるのが、お母様へのお返しかな

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が集まっていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ