とある家から脱走を試みたゴールデンレトリバー。あわやと思ったその時…一人の『ヒーロー』が颯爽と現れた!!

米コロラド州在住に暮らすゴールデンレトリーバー犬・キャッチャーは、遊びたい盛りの3歳の女の子。

 
その好奇心の強さが災いして…

ある日、彼女は飼い主のリサさんの目を盗んで、家からの脱走を企ててしまいます。

救世主現る

事件は、リサさんが旦那さんと一緒に外出している最中に発生。

玄関のカメラが、その一部始終を録画していました。

ちょうど家の修理を終えたところだったんです。

業者の方々が、お昼の休憩のために出て行ってしまって…

その時に玄関も閉めたはずなのですが、風が吹いて、扉が開いたままになってしまったんですよ。

 
もともと、イタズラが大好きな性格だったというキャッチャー。

この「好機」を逃す選択肢はなかったのでしょう。

 
しかし、ここで一人のヒーローが現れます





 
とある配送ドライバーの男性が異変に気づき…

キャッチャーを保護すると、首輪に書かれていたリサさんの電話番号にテキストを送り、住所まで連れて行くことを申し出てくれたのです!

映像を見て、タイタニックのテーマが頭の中で流れました!

彼はとても丁重に、愛情をもってキャッチャーを連れ帰ってきてくれたんですよ。

関連:スタバの「犬専用カプチーノ」が大好きすぎるゴールデンレトリーバー。ドライブスルーで待ちきれずに窓から飛び出してしまい…?

無償の善意

彼は、わざわざ自分の配送スケジュールを中断してまで、彼女を保護して、連れてきてくれたんです。

もし彼に保護されていなかったら、キャッチャーはどんな目に逢っていたか…ちょっと考えたくないです。

 
届けてくれた男性は名前も明かさなかったため、リサさんは電話のメッセージで感謝を伝える以外、お礼ができなかったとのこと。

素晴らしすぎる親切心へ、改めて称賛の拍手を送らずにはいられませんね!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ