愛猫の首輪に見つけた1通の手紙。その内容が、家族の悲しみを癒した

海外掲示板ユーザーのTravUKさん宅に暮らしていた2匹の猫、ベアとテディ。

彼らはいつも、一緒にどこかへ出かけ、秘密の冒険を楽しんでいたといいます。

 
ところが、幸せな日々もつかの間…

ベアが急死。

 
突然の出来事に、一家はしばらくの間、悲しみと喪失感から抜け出せませんでした。

 
それから2週間が経った、ある日のこと。

TravUKさんは、外から帰ってきたテディの首もとに、手紙が付いていることに気がつきます。

 
そこには



飼い主さんへ

 
私は近所に住む者です。

そして、実は、あなたの猫ちゃんの親友でもあります。

猫ちゃんたちは毎日2匹で、私の家に遊びに来ていました。

 
ところが、2週間ほど前から、そのうちの大きい方の1匹を見かけなくなってしまったのです。

あの子は大丈夫なのでしょうか?

とても心配しています。

 
あの子は本当に可愛い猫で、いつも私の心を癒やしてくれました。

どうか元気でいてくれますように…。

 
2017年3月2日 Y.T.より

 
温かく、そして切ないメッセージ。

TravUKさんは自身のメールアドレスも添えて、「もう1匹の猫は死んでしまった」と返事を書きました。

 
その翌朝、早速返信が。

昨日の手紙をくれた方は女性で、中国から近くの大学にやってきた留学生でした。

「親元を遠く離れ、海外で暮す自分にとって、2匹の猫はかけがえのない存在だった」

「ホームシックにかかってしまっても、ベアとテディに慰められ、故郷を思い出すことができた」

「大学で行うプレゼンの練習をしている時、ベアはベッドに座って聞いていてくれた」

 
長文メールに綴られた愛猫への思い。

彼女の言葉の一つ一つが、TravUKさんたちの心に染みました。

関連:貧しい中で迎えた母の誕生日。コスモスを巡る思い出話に、心が震えた

 
後日、女性はTravUKさん宅の庭を訪れ、ベアのお墓に花を供えてくれたそう。

TravUKさんは語ります。

我が家だけでなく、他の人たちにも希望を与えていたベアを…

私は心から、誇りに思います。

 
悲痛な思いを分かち合った一家と留学生。

もしかしたらその出会いは…優しいベアがくれた、最後のプレゼントだったのかもしれません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ