【子猫】 人間に怯え、誰も傍に近づけようとしなかった子猫。しかし、ひとたび『抱っこ』のすばらしさに気づくと…!?

カナダ・ブリティッシュコロンビア州のとある工業地帯で発見された、生後4週間ほどの子猫は…

たいへん臆病な性格で、自分を保護しようとする人間にさえも怯えていました。

 
誰も近くに寄せようとせず、威嚇したり、暴れたり、噛みついたりすることもあったとのこと。

それでも…彼をどうにか救いたい思った親切な方が、保護団体に連絡をとります。

ハグの魅力

団体は、野良猫の扱いに長けているケルシーさんを現場へと向かわせました。

そして、彼女がそっと子猫を抱き寄せると…

 
なんと、それまで必死に抵抗していた彼が、あっという間におとなしくなってしまったのです。

私が恐ろしい存在じゃない、と気づいてくれたみたい。

すぐに落ち着きを取り戻してくれました。

 
ケルシーさんは、子猫を車内に連れ込んで、膝の上に乗せてあげました。

その身体は、まだ少し震えていたものの…

もう逃げ出そうと暴れることはなかったといいます。

 
まもなく里親のもとへと預けられた彼には、オスカーという名前が与えられました。

身体をキレイにしてもらい、ご飯を食べて、柔らかい寝床でくつろいでいるうちに…

自分が最高の住処に連れてきてもらったと理解したようです。

 
そして、たった1週間で…

臆病の虫はどこへやら、オスカーは好奇心旺盛でやんちゃな子猫へと生まれ変わりました。

 
お昼寝をするときは、膝の上で丸くなるのがお気に入り。

 
表情からも、安心感がひしひしと伝わってきます。

関連:【子猫】 保護されたシャイな母猫と人懐っこい子猫たちは、手厚いお世話を受けて…「インドア生活」のすばらしさに気付いた!

もう怖くない

やがて、身も心も十分に成長したオスカーは…

里親の元を巣立って、「生涯の家」へと引き取られていきました。

 
愛情や優しさを知ったことで、運命が180度転換した子猫。

これからも、どうかのびのびと暮らしていってほしいですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ