【子猫】 ゴミ捨て場の脇で見つかった、目も開いていない2匹の子猫。強い絆で結ばれた兄弟は支え合い、やがて幸せを掴む!!

ある嵐の日…アメリカ・アリゾナ州の住人が、ゴミ捨て場の近くで、2匹の子猫を発見しました。

まだ目も開いていないほど幼く、哺乳瓶でミルクを与えなければなりません。

連絡を受けた保護団体Jin’s Bottle Babiesの創設者シェルビーさんが、すぐに彼らを保護しに向かいます。

かなり悪い状態だと覚悟して迎えに行きましたが…実際はその真逆でした。

12時間も食べ物なしで生き延びたのは、本当に驚くべきことです。

 
車の中でミルクをあげると、ゴクゴクと飲み干し、喉も鳴らしてくれたそう。

 
そんな姿を見て…シャルビーさんは、「彼らはどんなピンチにも屈さない」と確信したと言います。

仲良し兄弟

ジョーンズとシロと名付けられた兄弟猫は元気一杯。

生まれたばかりなのに、壁を登って保育器の外へ逃亡しようとしていたんです。

 
とても強い絆で結ばれた2匹は、一緒にいる限り、いつもご機嫌でした。

 
歩き始める前は、寄り添って互いの顔を舐めあい…

歩き方を覚えると、ベッドからよちよち這い出し、揃って冒険を始めます。

 
勇敢で社交的なジョーンズは、いたずらが大好き。

あたりを駆け回って、想像上の獲物を追いかけています。

お腹と手を撫でられるのが大好きで、赤ちゃんみたいに腕の中でお腹を見せてくれるんですよ。

 
身体の小さいシロも魅力たっぷりです。

部屋に入ると一番初めに走り寄ってくれるんですよ。

 
その後も彼らはシェルビーさんに見守られ、すくすくと育っていきました。

関連:【子猫】 自力でご飯を食べれない程に弱っていた子猫は…『適切なケア』と『先輩の存在』で、大変身を遂げる!!

ずっと一緒に

やがて、彼らに嬉しいニュースが舞い込みます。

 
なんと…

「2匹一緒に引き取りたい」という家族が現れたのです!!(*´∀`*)

 
生まれてからずっと支え合い、困難を乗り越えてきたジョーンズとシロ。

 
これからも仲良く、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ