生まれつき、まぶたに疾患を持つ子猫の兄弟。度重なる手術を2匹で乗り越え…

ごみ収集コンテナの裏で見つかった生後5週の子猫の兄弟。

 
彼らは、とある保護団体に引き取られたのち…

アメリカ・ワシントン州にあるPurrfect Palsにやって来ました。

子猫たちは栄養失調と脱水症状を起こしており、全身ノミだらけでした。

始めの数週間はシリンジ(注射器)でご飯を与えなければならなかったんです。

手術を乗り越えて

シャギーとフレッドと名付けられた2匹は、生まれつきまぶたの奇形を患っています。

網膜にも異常があり、視力も完全ではありませんが…

探検や冒険の妨げにはなっていないみたい。

 
感染症や痛みを防ぐため、まだ子猫だった彼らに複数回の手術が行われました。

厳しいスタートになってしまいましたが…

2匹によりよい生活を送ってもらうと決意しているんです。

 
今後も彼らはずっと、1日に数回のペースで目薬をさし続けなければいけません。

 
しかし、自分のためにお世話をしてくれているのがわかっているのか…

目のケアについては、嫌がることもないと言います。

関連:6匹の子どもを産んだ母猫は…あふれる愛で、さらに「2匹の孤児子猫」を受け入れた!

一緒だからこそ

お互いへの深い愛情で、未来を切り開いた2匹。

シャギーとフレッドはいつも一緒に過ごしています。

兄弟であり、心の底からの親友なんです。

 
兄弟の強い絆に、思わず胸が熱くなるお話でした。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ