【子猫】 特殊な遺伝子疾患のため、肌が異常に弱かった子猫。それでも丁寧に治療を続けていった結果…彼は大変身を遂げた!

米イリノイ州で獣医として働くエリーゼさんは、とある特殊な疾患をもつ1匹の子猫と出会います。

 
子猫のアッパは、「エーラス・ダンロス症候群」と呼ばれる難病をかかえていたため…

皮膚の組織が非常に脆く、かゆみを感じたり、傷つきやすいというハンディキャップを背負っていました。

難病と向き合う

私たちは、その子猫を一目見て、なにか繋がりのようなものを感じました。

そして、一生涯を通じての治療や愛情を、彼女に提供してあげられると思ったんです。

 
生後3か月のアッパには、皮膚感染症や心雑音があると診断されたため、エリーゼさんたちはすぐに治療に取り掛かります。

 
肌の具合を毎日チェックし、爪も定期的に切ってあげる他…

毛並みのほとんどが抜け落ちてしまっていたため、首元をスカーフで覆ったり、時には服を着せるなどして、剥き出しの皮膚や傷口を守ってあげました。

エーラス・ダンロス症候群は、とても珍しい遺伝子疾患です。

アッパの症状は、以前に見たことのある他の子猫のものよりもずっと軽度でした。

それでも、彼女の肌は薄く、そして脆弱だったんです。

 
そうしてエリーゼさんたちが懸命に病気と向き合った結果…

2―3か月後、アッパの皮膚と毛並みは見違えるほど改善しました。

 
病状がよくなったのが嬉しいのか、それとも親切なエリーゼさんたちに懐いたのか…

彼は、遠慮なくのどを鳴らして甘えるようにもなっていたのだとか。

アッパはとても社交的で、それに堂々とふるまう子猫ですね。

それにすごく賢くて、いたずらを仕掛けるのも大好きみたい。

関連:【子猫】おでこにある模様のせいで、いつも「困った顔」に見える子猫。しかし実際は…やんちゃなイタズラっ子だった!

病に負けず

他の動物たちとも交流したり、人間の保護者に甘えたり、気ままな日々を送るアッパ。

 
彼女がストレスのない生活を送れているのは、ひとえにエリーゼさんたちの努力のたまものといえるでしょう。

病気のことなんて忘れてしまうほどに、快適で幸せな日々を送ってほしいものです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ