ガンで腕を切断した2歳の女の子が巡り合ったのは3本足の子猫 6枚

稀な形状の小児がんを患い、左腕を切断することによって、がんに打ち勝った2歳の女の子スカーレットちゃん。

猫が大好きなスカーレットちゃんに、両親は猫を探すことにしました。似たような境遇の猫を迎えれば、ともに支え合いながら成長することができると思ったのです。

それから半年後のある夜でした。ローカルニュースで、足が切断された3ヶ月の子猫がいることを知った両親。さっそく表示された番号に電話をかけると、子猫が保護されているシェルターに足を運ぶ日取りを決めました。

 
スカーレットちゃんは、ドクと名付けられたその子猫と会うのを、とても楽しみにしていました。

そして、ついに対面の日。ドクの足の切断箇所に止め具がついているのを見たスカーレットちゃんは、「イタッ!」と言うと、悲しい顔に…。
3leg2_R

 
「ドクもあなたと同じ痛みを経験したのよ」お母さんがそっと伝えると、スカーレットちゃんはそこに手を置いて、ただただ頷き続けました。

「この猫は、自分と同じ苦しみを抱えているということに、あの子は気付いたの」とお母さん。探していたのはこの子猫だと確信できたのは、そのときだったそうです。

 
あなたに出会えて良かったと、子猫にキスをするスカーレットちゃん。
3leg_R

 
こうして家族の一員になったドクは、新しい生活にも慣れ、スカーレットちゃんといつも一緒に過ごしています。
12419063_578327365651773_6981141960193985776_o_R

12440696_578327498985093_699892895356845020_o_R

12473857_578327545651755_8553737496472024449_o_R

 
甘えん坊のドクは、膝の上にドサッと乗ることが大好きなのだとか。
12391041_575327215951788_8977447683659089762_n_R

スカーレットちゃんが大きくなって、自分の境遇に落ち込む日が来たとしても大丈夫。「わたしが側にいるよ」と膝の上に乗り、心の支えになってくれることでしょう。

 
スカーレットちゃんとドクの出会いの瞬間は、地元のニュース番組でも取り上げられました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ