【子猫】 ただ独り生き残った子猫は、親の愛情を欲していた。そこで、面倒見のいいオス猫が『父親』代わりになると…?

とある動物病院に、生後わずか1日の子猫がやってきます。

生まれたばかりで非常に弱っており、迅速な治療を必要としていました。

 
残念ながら、兄弟姉妹たちはみな既に息を引き取っていたため…

彼女が、家族でたった1匹の生き残りでした。

父親との出会い

動物病院で働くエレンさんは、出会った当時のことを振り返ります。

子猫の体重は、標準よりも少なく…

抗生物質の投与のほかに、チューブを使ってご飯を食べさせてあげる必要があったんです。

 
まだ生まれたばかりにもかかわらず、彼女は強い「生きる意志」を見せましたが…

赤ちゃん猫であるため、親猫の体温や心拍に近いものを本能的に求めている様子でした。

 
そこでエレンさんは、自宅で飼っていた大人のオスの猫・ベニーにお世話を託します。

 
彼はこれまでも、エレンさんが幼い子猫を自宅に連れ帰ってくるたびに、その面倒を見てあげていました。

 
アドラ・ベルと名付けられた子猫は、まだ自分の力で体温を調整することはできません。

そこで、基本的には温度を一定に保った保育器の中で過ごしていたのですが…

 
ベニーもそのすぐそばで、一晩を明かしてくれたのだとか。

 
医療チームによる支援と、代理パパ猫からの無償の愛を受けて…

アドラは少しずつ、生命力を取り戻していきました。

わずか1週間のうちに、体重は倍ほどにも増えたそうです。

アドラは、ベニーに毛づくろいしてもらう時間が大好きみたい。

彼がいないときは、代わりに歯ブラシで撫でてもらっています。

関連:【子猫】 庭に現れた1匹の子猫は、優しい家主を見つけると…その肩に乗って、『あなたに決めたよ』とアピールを始めた!

育ての親

優しいお父さんのおかげで、孤独感から解き放たれた子猫。

 
その未来が、これからも幸せに満ちたものとなるよう…

心から願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ