【子猫】 厳しい外の環境で、命を削って3匹の子猫を守り抜いた母猫。保護されると…快適な家で幸せいっぱいの未来を掴んだ!

アメリカ・ノースカロライナ州。

寒さが厳しくなる数日前のある日、母猫と3匹の子猫が保護され地元のシェルターへと運び込まれました。

 
彼らは全身ノミと汚れにまみれ、耳ダニだらけ。

母猫は厳しい外の環境で、なんとか子ども達の命を繋ごうとしたのでしょう。

 
その体は、痛々しいほどガリガリにやせ細っていました。

まもなくケリーさんが預かりボランティアとして家族を引き取り、静かで快適な部屋を用意すると…

 
母猫はまるで「遂に助けの手が差し伸べられた」と言うように喉を鳴らしたのだとか。

まだ若い彼女は、とても優しくて忍耐強いんです。

子猫たちと新しい家で過ごすことをとても楽しんでいるみたい。

満足して喜んでくれているのが伝わってきます。

 
ケリーさんは母猫をデルタダウン、子猫たちをウィンディクシー、コラリー、ジョージアピーチと名付けました。

デルタはとてもゴージャス。

ツヤツヤでふわふわで…まさに完璧な美の象徴なんです。

 
その後も猫の家族は預かりママの元で、すくすくと育っていきました。

関連:【子猫】 寂しがりの子猫にクマのぬいぐるみをプレゼント。すると、想像以上に愛着がわきすぎてしまったため…!?

不幸な猫を減らすために

ケリーさんいわく…

子猫の保護は、「まだまだ街にはノラ猫がたくさんいる」ことを意味するといいます。

多くの猫たちは引き取られることなく生涯を終えていきます。

だからこそ、このサイクルを止めるために去勢手術や、避妊手術がとても大切なんです。

 
1匹でも多くの不幸な命を減らすために…

 
尊い願いを胸に抱いた人々が、今日もどこかで戦っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ