独りぼっちの子猫を家族として迎え入れ、愛情を注いだ母猫と兄弟たち。仲良く暮らしていたけれど、やがて巣立ちの時が訪れて…

米ネバダ州のアニマルシェルターに勤めていたステイシーさんのもとに、1匹の子猫が連れてこられました。

保護した女性によると、どうやら母猫に捨てられてしまったらしい、とのこと。

 
彼には、家族が必要でした。

幼い子猫にとって、母猫や他の兄弟たちの存在はとても大切。

なので、自宅で養育している母猫のターシャに、彼を預けてみることにしたんです。

家族の一員

まったく見ず知らずの子猫を目の前にしたターシャは…

それでも、すぐに彼の体をキレイにして、母乳を分けてあげたといいます。

 
数週間ほど年上の兄・ナイルズとレオも、新しい弟をすぐに受け入れました。

コルビーという名前をもらった子猫は、新しい家族に囲まれて、健やかに成長を始めます。

 
ターシャは、まるでコルビーも自分の本当の息子であるかのように、分け隔てなく接しました。

ナイルズとレオも兄貴分として、猫としての振る舞い方を教えてあげていたのだとか。

 
無論、ステイシーさんも献身的にコルビーの世話を行います。

ターシャから母乳が出なくなってしまってからは、人工ミルクを飲ませてあげました。

コルビーは哺乳瓶が苦手だったので、注射器でご飯を与えてあげていました。

食後はトイレを手伝って、それから体を毛布で包んで、抱っこしてあげるんです。

げっぷをさせた後は、そのまま眠ってしまいますね。

 
仲良し家族となったターシャ、ナイルズ、レオ、そしてコルビー。

血のつながりはなくても、4匹の絆は本物でした。

よく4匹そろって、かごの中で寄り添い合いながら眠っているんですよ。

私が部屋に入ると起きてしまうので、なかなか写真は撮れないんですけどね。

関連:自宅の裏にふらりと現れた人懐っこい猫。1匹だけだと思い、招き入れてみると…

それぞれの道

やがて十分に成長した子猫たちは、里親のステイシーさんの元を離れ、それぞれの『生涯の家』へと巣立ちます。

 
ナイルズとレオの兄弟は、ロキ、ソーと名前を変えて同じお宅へ。

お母さんのターシャも他の家へ迎え入れられました。

 
そしてコルビーもまた、兄弟分のミュンスターの歓迎を受け、新居の生活へ無事に馴染んでいったそうです。

 
血のつながりを超え、家族としての愛情を分かち合った猫たち。

離れ離れになっても…その思い出が消えてなくなることは、決してないでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ