『近づいたらうつる』 看護師を苦しめる「コロナ差別」の実情に絶句

看護師のいずみ(@uver10010214)さんは、コロナウイルス問題を巡って、大変悲しい経験をしたそう…。

 
信じられない…!!(((;゚Д゚)))

酷い仕打ち

感染するリスクを承知の上、不安を抱えながらも最前線で戦っている医療従事者の方に対して、あまりにも残酷な仕打ちです。

 
病気と同時に現れ始めた「悪意」へ、どう立ち向かっていくべきか。

我々は今後も、真摯に考えていかねばなりません。

関連:マスクを売れと病院に殺到する人々。さらに…加速する迷惑行為にあ然

みんなの反応

●お気持ち、お察しいたします。感染リスクを大きく伴う中、大事なご家族がいても、命をかけて、国民を守って下さり、誠に有難うございます。看護業務で、どれだけの危険にさらされているか、それでも、徹底的に感染予防を行い、頑張って下さっていることを、多くの国民がご存知だと思います

●私はむしろ、お医者様や看護師さんの方が感染予防をキッチリされているので、その辺を出歩いてる輩より何百倍も安心だと思っています。今一番頑張ってくれている医療関係の方へ掛ける言葉とは到底思えません。自分が怖いから、人を傷つけていいはずないです。歯がゆいですね

●日本…やばくないか?世界中で、医療関係者のシフト交替のときに、拍手や音楽で感謝を伝える運動が起ってる。近所の人達が玄関に出て声をかけたり。「看護師さん、ありがとう」ではなく、「うつる」ですか…。最前線の人達こそ感染しないよう、政府と病院が全力を挙げるよう皆で声をあげるべきところを

●看護師さんには感謝しかないです。戦場で踏み留まってみんなの命のために頑張ってくれて。感染者となればどうなるか一番わかってて、家族も大切で、死にたくないのは医療関係者じゃない人と同じ。それでも命がけで頑張ってくれてる。みんなの宝です。そして、どうか無事でいてくださいね

 
頭を抱えるようなお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ