1月、日本の病院が北京へ『マスク6000枚』を送った結果…マジか!?

世界中で品薄不足が叫ばれている「マスク」を巡って…

kyosyu (@kyosyu)さんは、知人の病院で起こった驚くべきエピソードを紹介しました。

 
すげええええええええええ(((;゚Д゚)))

133倍

苦境にあるからこそ、なによりも『義理』を重んじる。

その姿勢に、頭が上がりません。

 
頂いたマスクは、駐日中国大使館を通じて、病院や高齢者施設に配られるとのこと。

国境を越え、互いに心無い言葉を向け合う人々の傍らで、こうしたやり取りも確かに行われている…その事実を、我々は決して忘れてはならないと思います。

関連:銀座で「マスクを無料配布」する女性。理由を聞いて…心が震えた

みんなの反応

●当社も取引先の中国深センの会社から「在庫ができたので」とサージカルマスク500枚を頂戴しました。決して上手な日本語ではありませんが、「お互いで助け合い困難をともに背負おうと存じます。」のメッセージに胸が熱くなりました

●うちの会社も取引のある中国の工場からマスク500枚が送られてきた。国一括りでものを言ってはいけない、絶対に

●感染急拡大期における6000枚は、終息期における80万枚と同じくらい貴重だったってことかな

●こう言うニュースこそちゃんと取り上げて欲しいですね。人の優しさはイデオロギーの差を簡単に乗り越えられるんだ

 
ハッとさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ