【子猫】 ノラ猫のコロニーで発見された子猫。驚くほど小さな彼は、里親ママの懸命なお世話のおかげで…すくすくと成長した!

動物レスキュー団体「Broken Tail Rescue」でボランティアをしているヘザーさんのもとに、ある日1本の連絡が入ります。

聞けば、里親を必要としている子猫の兄弟たちが、野良猫のコロニーで見つかったとのこと。

 
ヘザーさんはすぐに彼らを引き取りますが…

その内の1匹は、生後5週間ほどにも関わらず、体重が230gほどしかありませんでした。

懸命なケアの末に

以来、里親ママは付きっ切りで、その子猫のお世話に励みます。

24時間体制で水分を摂らせ、体を温め、シリングでご飯を与え…

一生懸命にケアをした結果、ゆっくりとではありますが彼の体重は着実に増加していきました。

 
少しでも足が良くなるよう治療も開始。

まだまだ小柄であり、ジャンプはできませんが…それ以外は、ふつうの猫とまったく同じです。

関連:【子猫】 誰にも心を開かず、独りっきりになりたがっていた内気な子猫。でも「気の合う兄弟」との出会いで、世界が一変して…?

素敵な個性が花開いて

やがて彼は、好奇心旺盛で遊び心に溢れ、とても愛情深い子へと成長していきます。

 
生後7ヵ月になりましたが、いまだに肩に乗ったり、腕に抱っこされたりするのが大好き。

のどをゴロゴロと鳴らしほほ笑みを浮かべながら眠る姿は、とても幸せそうです!

 
もしも保護されずにいたら、屋外の厳しい環境下を生き延びることは難しかったでしょう。

これからの彼の生涯が、さらに豊かで幸せなものとなるよう心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ