手伝いで訪れた保護シェルター。そこで訪れた「運命の出会い」とは?

保護シェルターを訪れたティーガンさんは、茶色い毛並みをした一匹の猫が、ケージの隅にうずくまっているのに気が付きました。

この子は以前ある家を訪れて…

それから6週間もの間、そこの玄関にいついていたそうです。

 
結局招き入れてもらうことは叶わず、猫はその家の家族によって、この施設に連れてこられたとのことでした。

 
ティーガンさんは語ります。

私は所属するローラースケートチームの仲間と一緒に、かわいい動物たちの里親探しの手伝いができればと、彼らの写真を撮りに施設を伺ったんです。

でも、小さなケージの中でとても悲しそうにしているこの子の姿を見て…

すぐに、言いようのない何かを感じました。

 
その後、2人は面会ルームへ向かいました。

この子は部屋に入るなり、何回かくしゃみをしたんです。

すぐに連れて帰り、看病する必要があると思いました。

 
ティーガンさんは、猫をグスグスと命名。

 
グスグスは風邪をひいており、お腹の中には寄生虫もいました。

グスグスは病気でとても苦しんでおり、シェルターに連れていかれたことと、そこからまた新しい家に連れてこられたことで少し混乱しているようでした。

私たちは、ひたすら手を尽くし…

以来この子は、まるで私のもう一つの影みたいに、家中をついて回る様になったんです!

 
ティーガンさんのおかげで、すっかり元気になったグスグス。

施設にいたころの悲しい面影は、もうどこにもありません。

関連:息絶えかけていた1匹の子猫は、発見者の女性に必死で「ハグ」を求めた 6枚

スポンサードリンク

 

ソファーに座る私の隣で、お気に入りの赤い毛布の上に寝っ転がるのが大好きなんです。

 
グスグスの幸せを一緒に探してあげたティーガンさん。

そしてもちろん…彼からは、ちゃんと「お返し」もあったそう。

グスグスは毎日私に、大きな大きな喜びを与えてくれています。

 
これからも2人は、素敵な日々を紡いでいくことでしょう(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ