引越し先の新居で、『ノラ猫のお世話をして欲しい』と書かれた置き手紙を発見。読み終えてふと外を見ると…もう待ってた!

アメリカ・ワシントン州に引っ越したミランダさんと家族は…

新居に引っ越した際、前の家主からの「置き手紙」を見つけました。

私たちが大切にしていた家へようこそ!

一つだけお願いがあります。

 
裏庭に、オレンジの毛色の猫が住んでいます。

彼は12年前、裏庭で生まれました。

 
前足を怪我しているので、近づくのを嫌がります。

彼には1日2回ご飯をあげていて、冬や雨の日のために家も置いてあります。

できるならお世話を続けてくれると嬉しいです。

 
その手紙を読み終える頃、ふとドアに目をやると…

 
なんとそこには、コチラをのぞいている猫の姿が!

ドアのところで待っていたので、ご飯とお水をあげました。

警戒していたけれど、怖くないとわかってくれたみたい。

 
ミランダさんは彼をラズと名付け、お世話を引き継ぐことにしたそうです。

心を開いて…

彼は毎日裏庭にやってきて、お気に入りの石の上に乗ったり、外に置いてある椅子に座ったり…

のんびりと時間を過ごします。

うちには5匹も猫がいますが…

今では6匹になりました。

 
ご飯を食べる時には人が庭にいるのを嫌がっていた彼ですが、数週間もすると次第に慣れてくれた様子。

 
その後、ドア越しに他の猫たちにも挨拶ができるように。

喧嘩することもなくドア越しに鼻をくっつけたり、匂いをかいだりしていました。

関連:【子猫】 誰にも心を開かず、独りっきりになりたがっていた内気な子猫。でも「気の合う兄弟」との出会いで、世界が一変して…?

旅立ちの前に

しかし、大変悲しいことに…

2019年6月、ラズは不慮の事故によって、命を落としてしまったそう。

 
期間は短かったものの、ミランダさん一家と出会えたことは、本当に幸せな思い出となったに違いありません。

 
彼が生前と同じように、天国で穏やかな時間を満喫していることを、心から祈るばかりです。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ