【子猫】母親に捨てられた子猫を保護するも、なかなか身体が大きくならない。しかし、諦めることなく全力の看護を続けると…

コンクリート板の上に横たわっていたところを発見・保護された子猫のキウイ。

 
カナダ・モントリオールに拠点を置く保護団体のセリーヌさんによれば…

おそらくは、母猫によって置き去りにされてしまったのでしょう。

キウイは身体の発達に問題を抱えていたので、育てても生き延びられないと判断したのだと思います。

小さな体

キウイの身体はとても小さく、生後1週間ほどにして体重は160gしかありません。

また目の感染症を初めとして、多くの病気を患っていました。

 
さらにはまだ幼いためか、自分の力のみで食事を行うことが出来ず…

注射器を使って、ご飯を食べさせてあげなくてはなりません。

 
生きるために、たくさんのサポートを必要としていたキウイでしたが…

セリーヌさんたちは彼女を見捨てることなく、全力を尽くして支えます。

健康状態は安定してきたものの、彼女の成長は遅かったです。

同年代の子猫と比べても、身体のサイズが半分ほどしかなくて…

まるで、小人症でも患っているかのようでした。

 
その後、里親活動を行っていたエリカさんが、彼女を引き取ります。

 
栄養たっぷりのご飯や、昼夜問わずの看護を受けて…

生後6週間ほどを迎えるころには、彼女の健康状態はかなり改善していました。

 
他の猫と比べればまだまだ身体は小さいものの、着実に成長を重ねていきます。

関連:【子猫】 ホームレスの男性と遊んでいた子猫。気になって話を聞いてみたら、病気で弱っていたところを保護したようで…?

自分のペースで

やがて生後3ヶ月を迎えたキウイは、体重も620gほどにまで増加。

 
毛並みもふわふわになり体力もついて、人間にも心を開くようになりました。

保護されたころの弱々しい姿は、もうありません。

 
まもなく優しい飼い主も見つかり、幸せな生活を手に入れることができたのだとか。

自分なりのペースで成長を続ける彼女が、これからも幸せに暮らせるよう心から願います。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ