大切に育てた「ヤンチャな愛犬」。しかし、予期せぬ形で別れが訪れた

アメリカ・アリゾナに住むとある夫婦は、偶然通りかかった家の玄関で、「子犬お譲りします」と書かれた貼り紙を目にしました。

 
心惹かれた彼らはドアをノックし、家主と相談。

結果、すぐにその子犬を引き取ることに決めたといいます。

 
ネオと名付けられ、すくすくと大きくなっていく子犬。

彼はだんだんと、他の犬とは違う個性を見せ始めました。

 
独特な毛並みと細い体格。

なにより、しつけをしようとしても、なかなか上手くいきません。

 
それでも夫婦は「ヤンチャな息子」として受け入れ、楽しい毎日を過ごしていたそうです。

 
しかし、成長していくにつれて、ネオは頻繁に庭から脱走するように。

そしてある日、彼は近所の家に忍び込み、他の犬とあそんでいるところを発見されます。

度が過ぎた振る舞いを見かねた夫婦は、ネオを連れ、近くの動物センター『ヒューマニー・ソサエティ・オブ・アリゾナ』へ相談しに行くことにしました。

 
すると…

当時センターのスタッフだったマウレーン・オネールさんがネオを一目見て、夫婦に予想外の言葉をかけます。

その子…。

犬じゃないわ。

 
子犬として譲り受けたネオ。

なんと彼は



犬とオオカミの交雑種である「オオカミ犬」だったのです。

 
一般的な犬と異なる風貌や行動は、オオカミとしての特性によるもの。

 
アメリカの大多数の州において、オオカミ犬を飼うことは法律で禁止されています。

 
マウレーンさんが、急いでアリゾナ州の法律を調べると…

アメリカ原住民を除く一般人は、やはり特別な許可がないと、オオカミ犬と共に生活することが許されないとわかりました。

スポンサードリンク

 
マウレーンさんは、悲しむ夫婦を説得。

最終的にネオは、カリフォルニア州にあるオオカミ犬の保護施設『ウルフコネクション』へと引き渡されたといいます。

 

この子は、施設に入った方が幸せになれる。

彼らの決断を誇りに思うわ。

 
結果としてネオは、多くの仲間たちとともに暮らすこととなりました。

 
別れはつらくとも…

夫婦がわけ隔てなく注いだ愛情、そして2人の勇気ある選択は、必ずや「我が子」に明るい未来をもたらしたはずです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ