口内が乾いてミルクすら飲めない子猫。それでも命を救うため、女性は走った!


タグ

アメリカ・カリフォルニア州の保護団体FieldHaven Feline Centerのオードラさんは動物管理局から要請を受け、何匹かの子猫を迎えに行きました。

いつもと変わらない、一晩だけの預かりボランティアだと思っていました。

可愛い子猫たちと過ごすのを楽しみにしていたんです。

 
新たな出会いに期待を膨らませながら、9歳の娘と共に施設に着いたオードラさんでしたが…

職員の一言に、ふと胸がつまります。

あまり健康状態の良くない猫がいる。

 
急いで確認しに行くと



 
そこには、衰弱しきった子猫の姿がありました。

生きてほしい

抱き上げてみても動く気力もないようで…

力なくだらんと体を預けてきました。

 
一刻も早い処置が必要でしたが、管理局に獣医はおらず、設備も整っていないため急いで車に連れ帰ります。

 
ミルクを与えようとするものの、口の中が信じられないほど乾いており、舌が上顎にひっついて離れません。

このままでは家までもたないかもしれない…

 
オードラさんは途中のガソリンスタンドで車を停め、できる限りの処置を施すことに決めました。

購入したスポーツ飲料を口の中に少しだけ流し込み…

舌を静かに離して、ミルクを与えます。

そのうち彼が、「カラカラカラ」という音を出し始めたんです。

もう本当に死んでしまうと思ったんですが…

慌てて耳を近づけて聞いてみたら、それが「喉を鳴らしている音」だとわかり、ホッとしました。

 
翌日、無事に別のメンバー・ヘイディさんに引き渡された子猫は、ドックと名付けられました。

 
彼は生後6週間でしたが、生後1週間の猫と同じ程度の170グラムしかありません。

しかし24時間の献身的なケアにより、数日後には自分の足で歩き回れるまでに回復しました。

 
加えて、とっても甘えん坊な性格も顔を出し始めます。

一人でお留守番をさせるととっても不機嫌になってしまうんです。

仕方なく赤ちゃんのようにスリング(抱っこ紐)に入れて出かけています。

 
おくるみも大好きで、夜は必ずブランケットに包まれて眠るのだとか(*´艸`*)

関連:シェルターに保護された3匹の子猫たち。その世話を買って出たのは、優しい母犬だった

もう大丈夫!

まだまだ体は小さいですが、元気一杯遊びまわり、やんちゃぶりを発揮するドック。

プレゼントされた服もとってもよく似合ってますね(*´∀`*)

 
死の淵を彷徨いながらも奇跡の復活を遂げた彼は…

今日も愛嬌たっぷりの仕草で、周囲の人々を笑顔にしていることでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ