【子猫】出産で2匹の子猫を失った耳の聞こえない母猫。障害を抱えながらも、我が子だけでなく孤児猫まで立派に育て上げた!

米インディアナ州の保護団体「Humane Society of Whitley County」に預けられた、耳が聞こえない猫・ハニー。

妊娠していた彼女は、5日後に4匹の子猫を生みましたが…

1匹は死産で、もう1匹は翌日に命を落としてしまいました。

 
大切な家族を失ったのが、よほどショックだったのでしょう。

ハニーは残った2匹・テュペロとマヌカに寄り添い、離れようとしなかったといいます。

すくすく育って…

里親のバーブさんは、夜の間も数時間おきにママと子猫たちの様子をチェックしながら、子育てをサポートしました。

 
母乳の量が少なかったため、栄養補給用のミルクの助けも借ります。

 
ハニーは2匹の元を離れたがらず、ご飯を食べるのも忘れてしまうほどだったのだとか。

子どもたちのすぐそばでリラックスできるよう、ベッドでごはんやオヤツをあげています。

ストレスのない母猫は、より多くの母乳を作ることができるんです。

子猫たちは体重を計ったり身体をチェックしたりすると、嫌がって声を出すのですが…

彼女は耳が聞こえないので、気にならないのかもしれません。

 
猫と人間の2人のママに見守られながら…

マヌカとテュペロは、たくましく成長を遂げていきました!

関連:【子猫】下半身が麻痺して動かなくなった子猫。獣医に「絶対に治らない」と言われるも、希望を捨てずにリハビリを続けると…

無償の愛

後にハニーは、母猫をなくした他の3匹の子猫たちも受け入れ、別け隔てなく世話し…

子育てが終わると、彼女を含む一家全員が、無事にそれぞれの「生涯の家」へと旅立っていったといいます。

 
新居では、犬の大親友・ダンカンとも出会えたハニー。

 
新しい住居でも、たっぷりの愛情をもらいながら、たくさんの幸せな思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ