NYに暮らす「大王サイズ」の猫。彼が『猫飼いにとっての夢』と言われる理由は…

ニューヨーク在住のジョナサン・ザーベルさん家で飼われている猫・サムソンには、ある「異名」があります。

 
それは



「NYイチ巨大なネコ」

 
体長は驚異の約120センチ、体重も約14キロほどもあるそう。

トラに近い外見をしている猫科の仲間ボブキャットで、最大体長が100センチ、体重が15キロほどなので…

イエネコとしては、完全に規格外のサイズです。

「大王」

もともと大型のメインクーンという種類ではありますが、サムソンに関しては、もはや世界レベルでも最も大きいのでは…と思うほど。

 
念の為、太っているわけではなく、まったくの健康体です。

 
ちなみに、公式インスタグラムのアカウント名は「キャットストラダムス」

文字通りの大王です(*´艸`*)

 
大きな体とは裏腹に、とっても可愛らしい一面を持つサムソン。

 
朝はいつも寝室のドアでザーベルさんが目覚めるのを待ち、起きるとお腹の上へとのしかかるのだとか。

 
振る舞いは猫そのものですが、何をしてもダイナミックに見えますね(笑)

関連:不幸な事故から生還した子猫。大きくなろうと「一生懸命に食べる」あまり…!?

猫飼いにとっての夢

ザーベルさんいわく、サムソンは「猫飼いにとっての夢」だといいます。

なぜならば



思う存分モフることができるから(笑)

 
たしかに、羨ましい…!!(;∀;)

一度でいいからその体に顔を埋めてみたいものです!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ