『風邪を早く治したい』と来院するスーツの人々へ…医師の呟きに共感

医師の木村知(@kimuratomo)さんは、悲しい『あるある』を巡って、こんな呟きを投稿しました



 
仰るとおり…(゚Д゚;)

現実は厳しい

しかし…

 
病気で苦しくとも、ウイルスを広めてでも、出社するしかない…。

そんな社会を1日も早く変えるため、我々は引き続き、議論を続けていかなければなりません。

関連:熱があると伝えたら『は?人足りないから来て』とキレた店長。結果…

みんなの反応

●本当にそうだと思います。夜間の病院で事務していますが、具合が悪いのにどうしても休めなくて…と、誇らしげに語る人が多いです

●こんな状態でも仕事いく俺スゲーって思っているのかも。法律とかで具合が悪いときに休ませないと罰則とか作らないと日本人休まないかも

●ただそんな人達も会社が通常運転していたら休むに休めないと言うのが本音かと。会社側が何らかの手をこうじなきゃ駄目

●どうしたらいいんだか? 日本人気質

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ