【子猫】体力を消耗した身体で道路を渡ろうとして、間一髪のところで保護された子猫。徹夜のケアで、どうにか元気を取り戻すと…

凍えるほどに寒い、とある夜。

母親とはぐれてしまった子猫のモリーは、たった独りで路上をさ迷っていました。

 
そして、寒さで体力を消耗しきって、朦朧として道路を渡ろうとしたところを…

偶然通りかかったペンカさんに、助けてもらったのです。

徹夜の看病

彼女の目はほとんど閉じていて、鳴き声をあげることも出来ませんでした。

かろうじて聞こえるような小さな音を、のどから絞り出していたんです。

 
ペンカさんは、息も絶え絶えの子猫を自宅へと連れ帰り、ご飯や温かな寝床を用意してあげます。

これほどまでに幼い子猫が、自分だけの力で生き残ることは出来ないでしょう。

電気で暖かくなる枕を用意してあげると、そこでようやくのどを鳴らしはじめました。

 
夜通し付きっ切りで看病をしてあげたペンカさん。

それから4日ほどに渡る徹夜を続けた果てに…

ようやくモリーは、生きる力を取り戻したそうです。

 
やがて彼女は、自分の足で立ち上がり家中を探検して回れるほどにまで回復。

自分を救ってくれたペンカさんにすっかり懐き、隙さえあればいつでも抱っこを要求するようになったのだとか。

 
遊び好きでやんちゃな性格に育っていくモリー。

どうやら、エネルギーが有り余って仕方ないようです(笑)

関連:【子猫】 鳴き声を聞き、探しにいくと…いきなり車の下からパンチ! 突然現れた勝気な子猫は、やがて大切な家族の一員となった

成長する喜び

そんな日々が続き…ペンカさんがモリーを保護してから、およそ1年後。

路上で震えていた子猫は、見違えるほどに美しい大人の猫へと成長しました。

 
彼女にピッタリの飼い主も見つかり、朝から晩まで甘えているとのこと。

 
独りぼっちで凍えながら寂しい思いをすることは、きっともうないでしょう。

あたたかで幸せな飼い猫暮らしを、思う存分に満喫してほしいですね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ