【子猫】自宅の庭で見つかった、まだ目も開いていない子猫。保護してあげた結果…「人間のお父さん」のことが大好きに!

ある日の晩、寝室の窓の外から、猫の鳴き声がするのを耳にしたレイさん。

気になって、音を辿ってみると…

 
その先には、まだ目も開いていない、生まれたばかりの赤ちゃん猫がいました。

父親代わりに

彼を見つけたのは、雨の降る夜のことでした。

裏庭にある小屋の屋根の上で、独りぼっちでいたのです。

 
子猫はまるでお母さんを求めているかのように、延々と鳴き続けていました。

しかし、周囲にそれと思しき姿はありません。

レイさんは、すぐに救いの手を差し伸べます。

 
赤ちゃん猫用の食事キットでご飯を食べさせ、一晩中体を温めてあげて…

さらには動物病院に連れて行くなど、出来る限りの看護をしました。

 
その甲斐あって、バゲーラという名前をもらった子猫は少しずつ元気を取り戻していき…

目が開くようになると、自分を助けてくれたレイさんによく懐き、後を追いかけて家中を歩き回り始めたのだとか。

 
優しい人間のお父さんが大好きになってしまったバゲーラ。

肩の上によじ登るのもお気に入りで、ぴったりとくっついて離れません。

関連:【子猫】猫を飼う予定はなかったけれど…。悲しそうな子猫の表情に惹かれ引き取ったカップルは、愛情を与える喜びを知った!

最高の決断

やがて彼は、立派な大人猫へと成長を遂げました。

大きくなっても、レイさんに甘えようとするのは変わらずで…

腕に抱えられながらお昼寝をするのが、大好きなのだとか。

 
また仕事中には、「猫の手」を貸そうとしてくれるそうです(笑)

実は私は、今まで犬派の人間だったんです。

けれど、あの晩にバゲーラを引き取ってから、同じくらい猫が好きになってしまいました。

私の人生の中でも、最高の決断を下した瞬間だったと思っています。

 
命を救われたバゲーラと、価値観が一変したレイさん。

まさしく、お互いにとっての運命の出会いだったに違いありませんね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ