障害者を乗車拒否するタクシー。その裏に、『思わぬ理由』があった

おすすめ記事

昨今問題視されている、「障害者を乗車拒否するタクシー」の存在。

その『知られざる裏事情』について…自身も車椅子ユーザーである垣内俊哉@ミライロ(@ToshiyaKakiuchi)さんは、次のようなお話を投稿しました。

 
『割引分は運転手や企業に請求』!?(((;゚Д゚)))

それでは、乗車を断りたくなってしまうのも当然です…!

日常生活に必要な移動手段

さらに垣内さんは、こう続けています。

 
また一方で、こんな意見も…

 
社会を取り巻く様々な決まりが、人々の善意でかろうじて成り立っているシステムすらも追い詰めている現状。

その解決には、国を上げての抜本的な改革が必要不可欠です。

どうか今回の呟きが拡散されることによって…明るい未来への糸口が見つかるよう、心から祈らずにはいられません。

関連:『やっぱ凄いわ』 車椅子でディズニーに行ったら…「さすがの対応力」を見た!

みんなの反応

●じゃあ障害者手帳持ってる人の割引は、企業の善意によるサービスってこと? いや、乗務員が負担してるなら善意もクソもないけど。てっきり公的機関が負担してるんだと思ってたよ。こういうところに税金使ってくれよ

●介護タクシー、福祉タクシーの場合は障割率が高いです。日によっては全員障割ってこともあります。しかも個人事業主が多く全部自腹。売り上げから持ち出しです。まあ業態柄「わかりましたぁ!」と言うてます

●これもまた障害者福祉業界の問題なんだと思いますが、これを知ったことによって私自身がタクシーという選択肢を選びづらくなったのも事実です。普段は自転車、バス、電車移動してますがどうしてものときもあったりして(障害者手帳も持っているし、市からのタクシーチケットもあるのに…苦笑)

●私も数ヶ月前、タクシーで障害者割引を拒否られたことがありました。割引分が運転手負担なら、分からなくもない。制度の見直しが必要です

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ