【子猫】ガリガリに痩せた母猫から生まれた、たった1匹の子猫。里親のサポートを受けて無事に育ち、親子揃って幸せを掴んだ!

ある日、ワシントンDCに拠点を置く動物レスキュー団体「Human Rescue Alliance」が、妊娠中の野良猫を保護しました。

屋外の生活はかなり厳しかったようで、母猫はガリガリに痩せ細っています。

 
まもなくお産のときを迎えましたが…

無事に生まれてきたのは、残念ながら1匹だけでした。

2人3脚の子育て

産後、母猫が体調を崩したため、里親のスージーさんがシェーンと名付けられた子猫のお世話係に。

母乳が出ない彼女に変わってミルクを与え、昼夜問わずケアを施します。

 
やがて回復した母猫も、子育てに合流。

子猫がちょっとでも鳴こうものなら、すぐに駆けつけ…

少しでも遠くに行こうとすると急いで連れ戻すほどの過保護っぷりを見せ始めました。

 
無論、シェーンのほうもママにべったり。

母乳が出だした途端、哺乳瓶のミルクには見向きもしなくなったのだとか(*´艸`*)

 
日を追うごとに、子猫はすくすくと成長し…

それにつれて、親子の絆もますます深まっていったようです。

関連:【子猫】 寒さで息も絶え絶えだった子猫2匹。それでも徹夜の看病で一命を取り留めると、すくすく成長していき…!?

ずっと幸せに

スージーさんは語ります。

子猫の目はブルーからヘーゼルナッツ色になり、美しいグリーンに変わりました。

この親子、本当にそっくりなんです。

 
しばらくして、とある家族が彼らのもとを訪れ、2匹揃って「生涯のお家」に引っ越すことが決まったそう。

この先も親子が仲良く、幸せに暮らしていくことを心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ