【子猫】 後ろ脚を失くしたままさ迷っていた、とっても礼儀正しい子猫は…自分を保護した恩人へ「感謝の鳴き声」を欠かさない

足を引きずりながら道をさ迷っていた、子猫のキントン。

彼には、後ろ脚の一部がありませんでした。

 
その後、保護団体へと引き取られると…

自分を助けてくれた人々に、まるで「ありがとう」と言うように鳴き続けていたといいます。

手術の結果は

保護団体に所属していたサマンサさんが、キントンを養育するため、自宅で引き取ります。

今まで、何千匹もの子猫と出会ってきましたが…

その中でも、キントンは本当に可愛い子です。

いつものどを鳴らして、リラックスしている様子でしたね。

 
しかし、後ろ脚はかなり痛むようで、皮膚が薄くなっているせいか、爛れや感染症も見受けられます。

そして保護団体の獣医チームは…

やむをえず、「切除」の決断を下しました。

 
手術は無事に成功。

三本足になっても、キントンの人懐っこさは変わらず…

相変わらずのどを鳴らして、周囲に感謝を伝えます。

 
手術後の回復期間も、サマンサさんは里親として、キントンを献身的にサポートしました。

アニマルシェルターに送られてしまうよりも、家の中で暮らしている方がストレスも少ないでしょう。

ストレスが少ない方が、回復も早くなりますからね。

うちで飼っている猫とも友達になって、励ましてもらっているみたいです。

関連:【子猫】心臓に疾患を持ち、長くは生きられない可能性のある子猫。それでも、なんとか幸せになって欲しいと奔走した結果…?

優しいお母さん

やがてキントンにも『生涯のおうち』が見つかります。

新たな飼い主は、サマンサさんのお母さん・シャーリーさんでした。

彼は元気にやっていますよ。

まるで風のように速く走るんです。

足を一本失くしているとは、とても思えないくらい。

 
立派に成長してもなお、キントンは恩人たちへ「ありがとう」の鳴き声を欠かさないのだとか。

義理堅い彼が、今後も幸せに溢れた生活を満喫できるよう、心から願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ