友人『子どもを連れ去られた』 親身に相談に乗ってたら…衝撃の結末

せなやん (@7b9XVfdHwjXYeH1)さんは先日、『DV』を巡って、とある知人のエピソードを投稿しました。

 
『DV加害者は友人にさえも嘘をつく』

あまりにも、後味の悪いお話ですね。

加害者にとっての真実

ただただ自分の非を隠すつもりだったのか、あるいは…

ご友人にとっては、すべてが『本心』だったのかも知れません。

 
いかにすれば、彼らを真実と向き合わせる事ができるのか。

考えれば考えるほど、根の深い問題です。

関連:千葉の虐待死事件。法学者が語った、DV加害者たちの「共通点」とは?

みんなの反応

●DV夫、妻子が出て行くとなぜか自分で周囲に言い触らすパターン多すぎなんだよな。勿論DVの事実は伏せて自分を被害者に仕立て上げるんだけど。黙ってる手もあるのにそうはせず、積極的に嘘を言って回るという

●これはホントにそうで、家族や友人知人に見せる顔と、パートナーに見せる顔は本当に全然違う。友人評がいくらよくても友人にはそんな素振りを1ミクロンも見せてなくても、パートナーにDVやる人はたくさんいます(実体験)

●すごくよく分かります。加害者本人は自己中心的ですが、悪気がなく、嘘を言っているとも思っていないのが厄介なところです…

●犯罪者が大手を振って共同親権を叫ぶとか、有り得てはならない話

 
頭を抱える一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ