【子猫】古びた家で、雨漏りに備えバケツの用意をしていたところ…天井から落ちて来たのは、水ではなく「子猫」だった!?

ある日のこと。

かなり年季の入った家でルームメイトと暮らしていたエリーさんは、嵐の予報を聞き、天井の水漏れに備えてバケツを用意します。

 
しかし…やがて落ちてきたのは、雨水ではありませんでした。

予期せぬ出会い

ランドリールームで寝る準備をしていると、上から何かをひっかくような音が聞こえてくることに気がついたエリーさん。

数日前から猫の声が壁の中から聞こえてきていたんです。

なので、母猫と子猫が屋根裏にいるんだろうなと思っていました。

 
しかし、何かが激しくぶつかるような音を聞いて彼女が駆けつけると…

 
天井には穴、そして床には母猫と子猫の姿が!

刹那、母猫は子猫を置いて、すぐに家の外へと逃げてしまいます。

 
初めて外の世界とママ以外の生き物を見た子猫は、怯えて威嚇を始めました。

 
それからしばらく待っていたものの、母猫が戻ってくる様子はなかったため…

エリーさんたちは子猫をアスベストスと名付け、家族として迎え入れることに決めます。

 
ご飯をあげると、元気を取り戻し、喉も鳴らし始めてくれました。

病院でチェックを受けましたが、幸い何も問題は見つかりませんでした。

関連:別々の場所で保護されて、同じ里親に引き取られた2匹の子猫が初めて対面。お互いに威嚇し合い、猫パンチを繰り出すも…

甘えん坊の子猫

その後、エリーさんの元ですくすくと成長を遂げたアスベストスは、すっかり甘えん坊になってしまったのだとか。

 

私とルームメイトは違う時間帯に働いているので、アスベストスはほとんどの時間甘やかされているんです。

私たちをとっても幸せにしてくれています。

 
不思議な縁から、素敵な家族に出会うことができた子猫。

これからも彼は、楽しい思い出をたくさん紡いでいくことでしょう。

 

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ