建築現場の地下で暮らす3匹の子猫。救助の際、やけに人懐っこかった理由は…?

ある日、アメリカ・ニューヨークの巨大建設現場の地下で、3匹の子猫が発見されました。

 
どうやら彼らは、生まれた時から…

この埃だらけの穴の中で生きてきたようです。

地下からの救出劇

やがて、保護団体Flatbush Catsのウィルさんが現場監督と予定を調整し、救助に向かいます。

 
慎重に穴から助け出されていく子猫たち。

とても人に慣れた様子だったところを見ると…

作業員たちが、こっそり入って猫を可愛がっていたかもしれません。

 
無事に全員を保護すると、施設に戻って、必要な治療を受けさせます。

 
より社交的になるよう、手からご飯をもらったり…

 
耳のマッサージをしてもらいながら、膝の上でリラックスしたり…

 
愛情あるコミュニケーションを楽しむうち、順調に元気を取り戻しながら…

 
みんな揃って甘えっ子になっていったそうです(*´艸`*)

関連:悲しいお別れをした猫の家族。つらい経験を乗り越え「永遠のおうち」を見つける

子猫を救った優しさ

建築現場の地下で埃にまみれていた子猫たちは、安全で快適な家を手に入れることができました。

 
何もかも、素敵な人々の尽力のおかげ。

その優しさに、改めて拍手を送らずにはいられませんね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ