【子猫】生まれつき目が1つしかないけれど…。まるでいつも「ウインク」をしているように見えるキュートな子猫

クリスマス飾りの箱の中で見つかり、動物病院へと運び込まれた生後4-6週の子猫・ヤラ。

 
生まれつき目が1つしかないため…

その表情は、まるで「ウインク」をしているようです。

採血をするときはちょっと怒っていたけれど…

本当に可愛らしいんです。

 
スタッフの1人が彼女にぬいぐるみをあげると、すぐに寄り添って眠ってしまったと言います。

優しいパパ

その後、病院スタッフの兄弟であるマッティさんが、子猫を引き取ることに決まりました。

 
新しい家では、もちろんお気に入りのぬいぐるみも一緒です。

とってもヤンチャで、エネルギーに満ち溢れています。

 
マッティさんのパーカーのフードに入って運んでもらうのも大好き。

 
優しいパパに見守られながら、彼女はすくすくと育っていきました(*´∀`*)

関連:感染症で目も開けられなかった子猫は…犬のママから愛情たっぷりのケアを与えてもらい、すっかり生まれ変わった!

魅力たっぷりに成長

その後、魅力たっぷりの美しい猫へと変貌を遂げたヤラ。

 
先輩猫とも仲良く過ごしています!

 
まるでウインクをしているかのような子猫は…

これからもその愛らしい表情で、たくさんの人々を魅了することでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ