【子猫】へその緒がなかなか取れなかった子猫。やがて成長した彼女が「生涯の家族」を募集すると…なんと5分で見つかった!

地元の施設から、母猫と子猫のセリーンを引き取ったアメリカ・オレゴン州の保護団体「Cat Adoption Team」。

 
生後5日のセリーンは新生児ほどの大きさしかなく、へその緒も付いたままでした。

特製の服

それから親子は、里親のシェルビーさんへ一緒に託されたものの…

母猫はセリーンから距離を置き、母乳もあげようとしません。

 
見兼ねたシェルビーさんが、ミルクを作って子猫にあげると…

相当お腹が空いていたのか、ごくごくと飲み始めます。

 
やがて順調に元気を取り戻していったセリーンですが、生後1週で自然に取れるはずのへその緒が、2週を過ぎても付いたまま。

母猫が舐めて取ろうとするため、傷口が広がってしまいます。

 
そこでシェルビーさんは、ふわふわの靴下を子猫用のセーターにリメイク。

 
さらには、抱っこが大好きな彼女のために、ポーチも作ってあげたそうです。

 
その後、シェルビーさんが新しい子猫を家で預かるようになると…

 
友達ができたセリーンは、ますます多くの「飼い猫らしさ」を学んでいきました!

関連:銀色のタキシード模様に、美しいオッドアイを持った子猫。その姿は…とある女性が思い描いた「理想の子猫」そのものだった!

新しい家族のもとへ

その後、ペットになる準備を終えた彼女が「飼い主募集中」のフロアへと移された結果…

 
募集を始めてから、なんと5分で引き取り手が見つかったのだとか!

 
母猫から得られなかった愛情を、たっぷりと注いでもらうセリーン。

これからも温かい家族のもとで、幸せに暮らしていくことを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ