女性とカラスが紡いだ絆。「家族愛」を感じる写真に、心が癒される

イギリス、ウェスト・サセックスに住むヴィッキー・ケンワードさんは、大きな樫の木の下で、巣から落ちてしまったと思われるカラスのヒナを見つけました。

 
過去に親のいないヒナ鳥をリハビリし、野生に返した経験のあるヴィッキーさん。

ヒナに触れるのは良くないと知りつつも、一目でケガを負っているのが分かったため、どうしても放っておけなかったといいます。

 
自宅に連れ帰り、傷の手当てをしながらコオロギやミミズを食べさせると、ヒナは次第に元気になっていき…

ケガが完全に回復し、「これで野生に戻っても大丈夫」とヴィッキーさんが判断して家の窓を開け放つと、カラスはすぐに飛び立ちました。

 
ところが…

30分も経つと、「ここが僕の住み家」とでも言わんばかりに、ヒナはヴィッキーさん宅に舞い戻って来てしまったのです。

 
その後も、自由にウェスト・サセックスの空を飛び回ってくると、必ず自宅に帰ってくるカラス。

ヴィッキーさんは彼をフェイギンと名付け、家族の一員として認めることにしました。

 
家の中では、いつもヴィッキーさんの影のようにそばについているか、ヴィッキーさんの頭の上にいるというフェイギン。

 
ヴィッキーさんの愛犬とも、すぐに仲良しになりました。

 

犬の散歩にもついてくるし…

ファーストフードのドライブスルーにもちゃっかりついてきます。

命を救ってくれたヴィッキーさんのことを、母親と思い、片時も離れたくないようです。

 

どこへ行くにもついてきて…

まるでストーカーのようです(笑)

関連:撃たれて飛べなくなった渡り鳥。やがて伴侶と出会うも、『旅立ちの季節』が訪れて 7枚

 
フェイギンは、ヴィッキーさんや愛犬の言っていることも分かる様子。

「ハロー」といえば、「ハロー」と似た声を出すのだとか。

 
愛らしい仕草を見せる彼の姿を、ぜひ動画でもご覧ください!

 

正直、フェイギンがいつか飛び立って家に戻らなくなってしまったら、本当に寂しいです。

その時は、泣いてしまうと思います。

 
確かな絆で結ばれた2人。

種族を超えた「家族愛」に、心がほっこり温まる一幕でした。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ