【子猫】 寒さで息も絶え絶えだった子猫2匹。それでも徹夜の看病で一命を取り留めると、すくすく成長していき…!?

とある寒い日に救助された、生後まもない2匹の子猫。

身体はすっかり冷え切っており、命も危ういほどでした。

 
彼らを保護した里親のウェンディさんは…

彼らがどれくらい生きられるのかは、全く分かりませんでした。

元気になって何年も生きられるか、それとも数時間後にはこの世を去ってしまうのか。

いずれにしても、私のやるべきことは決まっていました。

必死の看病

2匹の子猫には、パンプキンとスパイス、という名前が与えられました。

 
彼らの命を救うために、ウェンディさんは何日も徹夜を続けます。

体を温め続け、2時間おきにご飯を与え、毛布を清潔に保ち…

彼らの容態が悪化するたびに、何度も救急病院に連れて行ってあげました。

 
そんな献身的な看護のおかげで、パンプキンとスパイスは、どうにか一命を取り留めます。

 
やがて目がしっかりと開き、あちこち歩き回るようになり…

 
元気を取り戻してからは、すくすくと順調に成長していきました。

 
いたずら好きのスパイスと、のんびり屋のパンプキン。

2匹はたいそう仲が良く、お昼寝のときは一緒に寄り添うのがお決まりでした。

 
また、優しいウェンディさんのことも大好きで…

 
膝の上に乗っかっては、ゴロゴロと寝転がってリラックスするんだとか。

関連:【子猫】 仲良くなった野良猫が妊娠。保護しようと試みるも姿を消し…と思ったら、「5匹の子猫」と帰ってきた!?

生涯の家へ

やがて十分に成長した2匹は、『生涯の家』へと引き取られていきました。

 
親切な人々の手から手へと渡り、幸せな暮らしを手に入れることが出来たパンプキンとスパイス。

2匹の未来が、今後も幸せなものとなるよう祈ってやみません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ