大規模な山火事の現場で見つかった子猫の兄弟。身体の小さな弟猫だけが全く火傷を負っていなかった理由に…胸が熱くなる

カリフォルニア州で起きた大規模な山火事の現場に、取り残された動物を救助しに向かった保護活動家のシャイラさん。

2頭の馬を見つけたという警察官に出会い、メンバーと共に教えられた地点へ向かうと…

眼前には、想像を絶する悲惨な光景が広がっていました。

 
その後、シャイラさんが馬をトレーラーに乗せていると…

メンバーの1人が、母猫と共に慌てて逃げる2匹の子猫の姿を目にします。

 
子猫は彼らに気がつくと、薪ストーブの中へと隠れてしまいました。

弟猫が無傷の理由

まもなくして、母猫は逃がしてしまったものの、なんとか2匹の子猫を保護したシャイラさんたち。

保護団体「FieldHaven Feline Center」に引き取られた兄弟猫は、それぞれアッシュ(黒猫)とフェニックス(オレンジの毛色)と名付けられます。

 
フェニックスは毛が焼け、ヒゲをなくし、肉球にも火傷を負っていました。

 

アッシュが火傷を負っていないところをみると…

おそらく火事の間、兄のフェニックスが身体の小さい弟を守っていたのでしょう。

安全な施設にいるにも関わらず、1日目の夜はずっとフェニックスがアッシュの上に覆いかぶさるようにして過ごしていました。

 
弟が安全だとわかり、ようやく兄もリラックスできた様子。

それから数日をかけ、子猫たちは順調に回復を遂げていきました。

関連:食べ物もろくに見つからない環境で…母猫は、子猫たちの命を孤独に守り抜いた

生涯のお家へ

やがて2匹揃って生涯のお家へと迎えられたフェニックスとアッシュ。

 
素敵な飼い主さんのもと、彼らを結ぶ絆はますます深まっていくことでしょう。

 
絶望を乗り越えて幸せを掴んだ兄弟へ…

改めて、祝福の拍手を送ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ