ケガを負った生後まもない子猫は、新たな仲間との生活で「家族愛」を知った!!

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のとある家の庭で、まだ生まれたばかりの子猫が見つかりました。

鳥に突かれたと思われる怪我を負っており、里親ボランティアのカトリーナさんが24時間体制のケアを担当することに。

 
カトリーナさんは子猫をシンダーと名付け、2時間毎にミルクをあげました。

すると…旺盛な食欲のおかげで、数日のうちに見事回復!

 
可愛い声もあげるようになったそうです(*^ω^*)

 
シンダーはカトリーナさんの姿が見えないと、寂しがって鳴き続けます。

そこでペットとして飼っている別の猫、ミスター・キティを引き合わせてみたところ…

 
互いに興味津々の様子!

 
そんな交流も、ポジティブな影響を与えたのでしょうか。

それから3日後の計測で…

 
なんと体重は最初の頃より20%も増加し、100グラムを超えていました(*´∀`)♪

 
さらにシンダーは、カトリーナさんが里子としてケアをしている別の子猫・イチに出会い…

 
一目惚れ!

 
すぐにすり寄って嬉しそうな声をあげます。

 

シンダーはイチが大好きなの。

うちに来るまで他の猫と接したことがなかったから、新しい兄姉とたくさん接する時間を作ってあげるつもりよ。

関連:屋根裏から子猫の声。姿が見えず困っていると、請負業者が申し出て…

 
他にも数匹の子猫を里子としてケアしているカトリーナさん。

 
生まれてから肉親の愛情を知らずに育ったシンダーですが、ここではたくさんの優しい兄姉に囲まれ、寂しくなることもありません。

 
周囲の愛情をたっぷりと受けながら…

これからも、もっと大きくたくましく成長していきますように!(´∀`=)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ