【子猫】猫を飼う予定はなかったけれど…。悲しそうな子猫の表情に惹かれ引き取ったカップルは、愛情を与える喜びを知った!

とある冬の日、高校のゴミ箱から保護された子猫の兄弟。

彼らは暖をとるために、お互いに寄り添っていました。

 
やがて子猫たちは、それぞれの家庭に引き取られていったのですが…

子猫のマミはとても怖がりで、なかなか人間に懐けません。

心を開くまで

そんなマミに救いの手を差し伸べたのは、サンフランシスコに住むシニードさん。

猫を飼う予定はなかったそうですが、その愛くるしい顔立ちに一目惚れしてしまったといいます。

 
恋人と一緒にマミを迎え入れたものの、最初はなかなか懐いてくれず…

とても臆病だった彼女は、いつも物陰に隠れて人間を威嚇していたそうです。

 
それでもシニードさんは、辛抱強く愛情を示し続け…

 
数週間ほど経つころには、マミも少しずつ心を開き始めたのだとか。

 

猫やその行動についての文献をたくさん読んで、どうにか彼女の気持ちを理解できるように努めました。

 
シニードさんの努力のおかげで、マミは人間のお母さんのことがすっかり大好きに。

 
人間との暮らしや物音にも慣れて、部屋の中でリラックスした様子を見せるようになりました。

 
その後シニードさんは、縁あって子猫のモーティを家に連れてくることになったのですが…

 
元気いっぱいで人懐っこいモーティに影響を受けてか、マミもますます猫らしい振る舞いを覚えくれたそう。

関連:【子猫】 意気消沈していた男性が、2匹の子猫を保護。忙しくお世話をするうちに、自らの心もだんだんと癒されていき…

出会えてよかった

やがて、立派な大人の猫へと成長を遂げたマミ。

ペット暮らしにもすっかり慣れた彼女は、ちょっぴり甘えん坊な一面を見せるようにもなりました。

 
根気強く愛情を注いでくれたシニードさんを始め、家族みんなと固い絆で結ばれている様子。

素敵な飼い主さんに出会うことが出来て、本当に良かったですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ