【子猫】とある農場で見つかったひとりぼっちの子猫。寂しがり屋だった彼女が、里親の家でお兄ちゃん猫に出会った結果…

ある日、シアトルに拠点を置く動物レスキュー隊のアシュレイさんのもとに、1本の救助要請の連絡が入ります。

聞けば、ワシントン州の東にある農場で1匹の子猫が発見されたとのこと。

 
現場に駆けつけてみると、小さな猫は人の手の届かない場所に潜んでいました。

辛抱強く待ち続け、隠れ場所から這い出てきたところを、なんとか保護します。

 
さらに、近くに母親猫や兄弟たちがいないか探してみたものの…

残念ながら、見つかりませんでした。

悲しいことですが、家族の中で唯一、彼女だけが生き残ったのでしょう。

 
彼女は子猫をシンディ・ロウと名づけて、里子として迎え入れることにします。

寂しがり屋の子猫

お家に到着すると、まずは部屋の中を探索しだしたシンディ。

やがて冒険が終わると、里親ママの膝の上にやってきて眠ってしまいました。

 
ひとりっきりになるのを嫌がる彼女は、いつもアシュレイさんの後ろをついて歩きます。

ソファで横になっているときには、よじ登ってきて、ぴったりくっついて眠るのだそう。

 
甘えん坊で寂しがり屋のシンディ。

そんな彼女に、先輩猫・ジャックを紹介したところ…

 
案の定、大喜びしてくれました!

 
そして彼も、ひと目でシンディを気に入ったようで…

 
階段の登り方や知育ゲームの遊び方など、猫らしく生きる術を率先して彼女に教えてくれ始めたのだとか(*´∀`*)

関連:新しいお家にやってきた甘えん坊の子猫。先住猫たちに避けられ冷たくあしらわれても、めげずに必死で近づいた結果…

幸せになる準備

優しい家族に囲まれて、子猫はすくすくと成長していきました。

抱っこしてもらうのが、シンディにとってなによりの幸せなのだとか。

 
まだまだ成長途中ではありますが、飼い猫としての暮らしが板についた彼女には、明るい未来が輝いているはずです。

素敵な生涯のお家がみつかるよう、心から願っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ