いつも「憂い顔」をしているマイペースな子猫。不機嫌なグレムリンそっくりの外見に反して、実はとても甘えん坊だった!

ある日、コロラド州デンバーにある動物レスキュー団体「Rocky Mountain Feline Rescue」に、道路脇で発見された野良猫の家族が連れてこられました。

その後スタッフは、彼らを里親ボランティアであるレインさんのもとに預けます。

 
子猫たちはそれぞれ、ポテト、ターキー、バターナッツと名づけられました。

いつも憂い顔の子猫

ポテトとターキーは活動的で、遊び心いっぱいの楽天家。

一方バターナッツは、マイペースな恥ずかしがり屋で、なぜかいつも「心配そうな表情」をしています。

 
里親パパの腕に抱っこされても、憂いを帯びた顔つきは変わりません。

 
お昼寝から目を覚ました後も、しばらくはぼんやりベッドに座ったまま。

里親ママがおもちゃで遊ぼうと誘うと、ベッドからしぶしぶ這い出てきます。

 
ただし、レインさんいわく…

まるで不機嫌なグレムリンにそっくり。

でも、実は穏やかな性格で、とても甘えん坊なんですよ。

関連:噛み合わせが悪く、いつも怒っているように見える子猫。獣医に安楽死を勧められるも、決して諦めずに看病を続けた結果…!

少しずつ成長して

そんなバターナッツにも、やがて変化が訪れ…

今では、飼い猫としての暮らしがすっかり板についたようです!

 
トレードマークの憂い顔はそのままですが…(笑)

抱っこされるのが大好きで、膝の上によじ登っては有無を言わさず丸くなるのだとか。

 
これからも愛情をたっぷり与えられながら、素敵な日々を積み重ねていってほしいですね(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ