引っ越し先の新居で、どこからか子猫の鳴き声が聞こえる? 飼う気はなかったものの放っておけず、見つけて世話をしていたら…

新居に引っ越したケリーさんは、ある朝、子猫の鳴き声で目を覚まします。

どこかにいるかもしれないと家の中を探すも、その姿は見つかりません。

探しているうちに、鳴き声がだんだん切迫していくのが分かりました。

そして家の外に出てみると、階段の下に子猫が潜り込んでいることに気付いたんです。

 
ケリーさんは階段の周りを掘り返して、子猫を救い上げました。

しかし、彼は既にグッタリしていて…

鳴き声をあげるどころか身動きさえもしません。

甘えん坊の子猫

ケリーさんは当初の状況をこう語ります。

発見した時、彼が生きているのかどうかも分からなくてパニックになりかけました。

なので、動物病院に直行したんです。

先生には、「生後1週間にも満たないうちに母猫に捨てられたのだろう」と言われました。

 
新居でペットを飼う予定はなかったものの…

まだ幼いオスカーを放ってはおけず、彼女は子猫の育て方を勉強し始めます。

ご飯を食べさせるために、夜中であっても2時間おきに起きなければいけませんでした。

その日々が終わりを迎えたときには、ちょっとホッとしてしまいましたね。

 
献身的なケアの甲斐あって、子猫は心身ともにみるみる成長していきました。

彼はとてもエネルギッシュな性格で、まるで家の主人であるかのように振る舞っています。

でも、周りに誰もいなくなると、赤ちゃんのように私に抱き着いてくるんですよ。

 
そして言わずもがな、自分を救ってくれた優しいケリーさんのことが大好きに。

とてもお母さんっ子なんです。

私と一緒にいるときだけ、のどを鳴らして甘えてくるんですよ。

 

仕事から帰ってくると、すぐに近寄ってきてハグを要求するんです。

それが何よりも可愛らしいですね。

 
そのまま順調に育ち、彼が生後8ヵ月ほどを迎えたころ…

ケリーさんの家に、もう1匹の子猫が連れてこられました。

イザベルは、オスカーと同じように他の住宅の下に潜っていたところを救助されました。

彼女と出会った時、きっとオスカーにとって最高の仲間になってくれると直感したんです。

 
引き合わせた当初、イザベルはとても怯えていましたが…

時間が経つにつれて一緒に遊ぶようになり、最終的には、いつもくっついているほど仲良くなったそう。

 
優しいお母さんと、愛する妹分。

その表情からも、充実感が滲んでいますね(*´艸`*)

関連:屋根裏から子猫の声。姿が見えず困っていると、請負業者が申し出て…

大人になっても

やがて2歳になり、すっかり大人っぽく変身したオスカー。

 
とはいえ…

大きくなってもケリーさんのことが大好きで、いつもくっついて甘えるのだとか(笑)

彼と出会った日の出来事は忘れられません。

助けを求める声に気付き、手遅れになる前に救うことが出来て本当によかったです。

 
素敵な飼い主に見つけてもらった彼は、これからも幸せ一杯に暮らしていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ