母親のいない5匹の子猫を保護。その中でも病弱な妹を守ろうと、子猫のお兄ちゃんは片時も傍を離れようとせず…

米カリフォルニア州で、路上をさ迷っていた5匹の子猫。

 
アニマルシェルターに連れてこられた彼らは、いずれも深刻な栄養失調を引き起こしており…

 
中でも、レイアと名付けられた子猫はところどころ毛が抜け落ち、肌が剥き出しになってしまっている状態でした。

頼れるお兄ちゃん

お兄ちゃん猫のチューバッカは、そんなか弱い妹を必死に守ろうとしていたそうです。

 
5匹の子猫をまとめて引き取った、里親のアシュリーさんによれば…

2匹の兄妹は、とても固い絆で結ばれていました。

よくお互いに寄り添い合って、毛づくろいをしてあげていましたね。

 
チューバッカは、レイアの傍にぴったりと寄り添って、片時も離れようとしません。

またレイアも、頼もしいお兄ちゃんの傍が落ち着くのか、その身体によく寄りかかっていました。

 
お気に入りの毛布でお昼寝するときは、レイアの体をぎゅっと抱きしめてあげるチューバッカ。

自分自身も落ち着くのか、よくのどを鳴らしていたといいます。

 
その後、アシュリーさんの徹夜もいとわない看病のおかげで、病弱だったレイアも少しずつ元気を取り戻していき…

 
健康な子猫として、立派に成長しました。

関連:2匹の子猫が、ガッチリと抱きしめて守っていたもの。それは彼らの「妹」だった

兄妹の絆

それから2ヶ月ほどが経ち、子猫たちが里親のもとを巣立っていく時が訪れます。

チューバッカとレイアは、本当に仲良しだったので…

2匹とも同じ家に引き取られればいいな、と思っていたんです。

なので、本当にその通りになった時は、とても嬉しかったですね。

 
新しい家では、キキとモチ、という名前を付けてもらった兄妹。

呼び方が変わっても、2匹の関係は変わりません。

これからも大好きな家族と、仲良く幸せに暮らしていってくれることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ