1通の置き手紙を添えて、ピットブルの子犬を施設の前に捨てた少年。その「やるせない理由」を知って…涙があふれた

メキシコのとあるアニマルシェルターのFacebookページに、1匹の子犬に関する情報が投稿されました。

 
ピットブルの彼は、ぬいぐるみ、そして1通の手紙とともに箱の中に入れられ…

施設の玄関先に置き去りにされていたと言います。

少年の願い

手紙の差出人は、その子犬を置き去りにした12歳の少年でした。

 

僕の名前はアンドレス、12歳です。

お母さんと話しあって、このピットブルの子犬をあなたたちにお任せすることにしました。

このことはお父さんに内緒にしてください。

なぜなら、この子を売ろうとしているからです。

 

お父さんはいつも、この子を殴ったり蹴ったりしています。

1度かなり強く蹴られたせいで、尻尾を怪我してしまいました。

どうか彼を助けて、お世話してあげてください。

彼が僕のことを忘れないように、いっしょにぬいぐるみを置いていきます。

 
シェルターはアンドレス君の嘆願を受け入れ、この子犬を引き取り、ルネと名付けることに決めました。

 
そして動物病院で診察した結果、幸い尻尾の骨折も含め…

ルネの健康上の問題は、すべて改善する見通しがたったそうです。

関連:『猫と犬のハイブリッド?』と話題を呼んだ、ユニークな外見の子犬。一体どういうことかと写真を見たら…確かに!!

温かい声援

今回の情報が公開された結果、世界中からルネに対する資金援助や引き取りの申し出が届き…

それだけではなく、他の捨てられたり虐待を受けたりした動物たちも、何匹か引き取られていったのだとか。

 
酷い人間も、優しい人間も、同様に存在する社会。

彼らのように不幸な思いをする動物が、1匹でも多く減ることを祈るばかりです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ