感染症で目も開けられなかった子猫は…犬のママから愛情たっぷりのケアを与えてもらい、すっかり生まれ変わった!

ハワイで教師として働いていたキンバリーさんは、学校の見回り当番をしている際、ふと猫の鳴き声を耳にします。

声を辿っていくと…

その先には、ひどい目の感染症に侵された、1匹の幼い子猫がいました。

 
放っておけば、きっと生き延びられない…。

心優しいキンバリーさんは、彼女を連れ帰り、飼い主となることに決めます。

母親代わり

プレッツェルという名前をもらった子猫は、まだ生後4週間ほど。

その身体はとても軽く、ひどく痩せていました。

 
キンバリーさんの家で飼われていた犬のモーティは、新しく家族となったプレッツェルを歓迎します。

顔を舐めてあげたり、毛づくろいをしてあげたり…

まるで母猫が自分の子どもを可愛がるかのように接しました。

実は、モーティが子猫にどんな反応をするか、ちょっと心配だったんです。

でも、彼はとても優しくプレッツェルに接していました。

プレッツェルも、モーティを本当の母親のように受け入れていましたね。

 
自力で歩けるようになったプレッツェルは、家の中を探検するようになりました。

その間も、モーティお母さんは目を光らせ、安全に気を配っていたそう。

 
やがて、少しずつイタズラ好きな性格を開花させていくプレッツェル。

やんちゃな子猫の攻撃に、大人のモーティはじっと我慢して付き合ってあげました。

 
そしてクタクタになるまで遊んだあとは、一緒に寄り添ってグッスリ。

 
犬のお母さんに見守られながら、プレッツェルは少しずつ健康を取り戻していきます。

やがて、目の感染症も完治した彼女は、ますますエネルギッシュな子猫になりました。

関連:へその緒が巻きついたまま捨てられた子猫。家族がいなくて寂しかったけれど、里親先の先輩犬たちに温かく迎えられて…

親子の仲に

生後7週間ほどになったプレッツェルは、体重も1ポンドの大台に到達。

 
美味しいご飯を食べ、猫用のテレビ番組をみて、暖かいベッドで眠って…

飼い猫としての暮らしを満喫しています。

 
すべては、保護してくれたキンバリーさんと、種族の垣根を越えて愛情を注いでくれたモーティのおかげ。

これからも犬のお母さんと一緒に、幸せに暮らしていって欲しいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ