『森の狩人』と呼ばれるフクロウたち。しかし、その赤ちゃんの寝相が…あまりにも狩人っぽくなくてホッコリ!!

ジャーナリストのマーク・リーズさんは先日、赤ちゃんフクロウの「ユニークな寝相」について、Twitterで紹介しました



頭が重すぎるので、赤ちゃんのフクロウはうつぶせで寝てしまうんですかね。

フクロウの足も、初めて見たような気がします…

 
カワイすぎる…!!(;∀; )

可愛い寝姿

なお、野鳥や自然環境の保護活動を行っている『全米オーデュボン協会』からも…

アメリカフクロウの雛を保護して巣に戻した後の様子を観察したところ、同様の寝相を目撃したという報告が寄せられています。

子どものフクロウは、かぎ爪で木の枝をしっかりとつかんで眠るんです。

その際に、姿勢はうつぶせで、顔は横に傾けています。

睡眠時間は短くて、たとえ食事のためだとしても、途中で起こされるのはイヤみたいですね。

 
夜の闇に紛れて音もなく獲物を仕留める様から、「森の狩人」と呼ばれることもあるフクロウたちですが…

 
そんな異名からは想像もつかないほど、実に愛くるしい姿です。

関連:オモチャを慎重に調べたのち、突如「退却」を始めたシロハラインコ。その逃げっぷりが…想像以上で吹き出した!!

みんなの反応

●人工芝で寝ようとしているフクロウの写真、かわいすぎ。本物の草じゃないから機嫌悪そうw

●フクロウって美しい鳥だけど、雛はホントに可愛いな…

●羽毛でふわふわ、可愛いぃい!!

●このだらしなさ、フクロウが「空飛ぶ猫」って言われているのも頷けるな

●↑それは初めて聞いた言葉だけど、なんか納得してしまった

 
とっても意外な光景に、ネット上でも大きな反響が沸き起こっていました!!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ